BLOG
いりそ写真館オフィシャルブログ

3月11日

2018/3/11   Category:日々の出来事 ブログ

おはようございます

東日本大震災から7年

まずは数多くの 犠牲になった方々に対して

深く深く哀悼の意を表します

 

いりそ写真館代表shinのブログでは

当時を思い返して書いていこうと思います

 

 

2011年3月11日震災の日

狭山市でも震度5強の揺れ

その当時はお客様が今まさに着替えをして

帰ろうとしたときに起こりました

不安になるお客様を安全な場所に避難

外を見ると…あれ?普通に車が走っている

地震直後はまだそんな混乱が見えていませんでした

結構な揺れだったので地震速報を見ようと

テレビをつけた当時の社長

 

そこから映し出されたのは

想像を絶する光景でした…

 

原発のメルトダウン、市街地に流れこむ津波

たくさんの犠牲者が出ました

当館でも電車が動かず徒歩で帰宅

見たこともない人の数が店の前を通り

異様な光景を目の当たりにしました

 

自粛ムードの漂う中

この時期の撮影はすべてキャンセル

計画停電で仕事も満足に行えず

 

しかし、この暗いムードを何とか打破したい!

変えていかないと日本が駄目になる

そんな考えがこの業界からも聞こえてきました

今思えば、その取り組みが本当に良かったのか

どうかはわかりませんが、自らが動いていかないと

変わらない、変わっていかないのだと思いました

 

しかし、この体験を境に

私も自分の考え方や

仕事に対する取り組み方

家族の大切さ生きるって何だろうってこと

いろんなことを考えました

 

そして今の撮影に対する考え方

いりそ写真館として伝えたいことが

自分につながっているのだと思います

 

今日はそんなことを深く考えさせられる一日です

 

 

 

昨日大地震が起こった日を家族で話し合いました

自分の子どもは震災当時11ヶ月

まったく憶えていません

当時の起こった状況、災害が起こったときにどうするのか

いつ起こるかもしれない、必ずはない…

だから起こったときの対処や安否の確認方法等

家族で毎年話していこうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須事項です






TOP